バトルロープを導入しました

バトルロープとは 

バトルロープは、体重を減らし、筋肉量を増やし、既存の筋肉を引き締め、不均衡と持久力を鍛えたい人にとって便利なエクササイズツールです。

バトルロープとはなんですか?

バトルロープ(トレーニングロープ)は、有酸素運動、基礎代謝アップ、筋肉を引き締める、心肺機能向上、持久力アップ、筋力アップ、などさまざまな効果が得られる便利なエクササイズツールです。

脂肪燃焼

研究では、バトルロープを10分間振るだけで112カロリーを消費するという結果が出ています。

高い心拍数とエネルギー消費量のおかげで心肺機能が爆発的に向上します。

高強度インターバルトレーニング(HIIT)でバトルロープを使用することで、その効果がさらに高まります。

バトルロープは、新陳代謝を促進する最高のトレーニングツールです。

トレッドミルやエアロバイクでの長時間の有酸素運動よりも、バトルロープを定期的に行う方が得られるメリットは大きいです。

筋肉がつく

ファンクショナルトレーニングの多くは筋肉を鍛えますが、バトルロープは、全身の筋肉をターゲットにできることです。

ロープを上下左右、さらに円を描くように動かすことで、普段あまり使われていない筋肉も鍛えることができます。

細かい筋肉も刺激できるので、心肺機能の向上だけでなく身体機能の向上も期待できます。

身体機能の向上

バトルロープの利点の1つとして、可動域の範囲が広がることです。

定期的にバトルロープトレーニングを行うと、肩、腰、体感、膝、足首、脚の動きだけでなく、握力も徐々に強くなっていきます。

可動域を向上させることで、普段のトレーニングの効率が向上し、日常生活の動きにも良い影響をもたらします。

怪我のリスクが少ない

バトルロープを行うときは、上半身と下半身の両方の安定性が必要です。

重力とロープの波によって出る負荷に対する体の生理学的反応が向上し、体が適応してくるにつれて怪我のリスクも低くなっていきます。

ロープが波打って降りてくる力は自身の力以上になって帰ってくることはないので、怪我のリスクのある負荷の強いトレーニングよりは安全に行うことができます。

これは、負荷が弱いというわけではなく、筋力、持久力、パワーが向上するにつれ、トレーニングレベルもアップしていきます。

短い時間で結果に結びつく

脂肪を燃焼させるのは筋肉を鍛えることです。

トレッドミルやエアロバイクで有酸素運動を長時間行っても筋肉はつきません。

逆に長時間行うことで筋肉は失われるかもしれないのです。

バトルロープは、有酸素運動だけでなく筋力も鍛えるエクササイズでもあるので、長時間トレッドミルで有酸素運動を行うよりも半分の時間で2倍の量の脂肪を燃焼させることができます。