筋トレ前のストレッチはNG

こんにちは、村田まさひろです。

皆さんは、筋トレ前にストレッチをやっていませんか?

ここで言う、ストレッチは静的ストレッチのことです。

静的ストレッチとは、静止した状態でストレッチを行うことをいいます。

しかし、僕のジムではトレーニング前のストレッチ(静的ストレッチ)は、行いません。

お客様からはよく、

「ストレッチはしなくでいいんですか?」

「ストレッチをしなくて丈夫なんですか?」

「なんでストレッチしないんですか?」

と、言うようなことを聞かられます。

それはそうですよね。

これまでは、運動する前はしっかり筋肉を伸ばして、柔らかくするようなストレッチをすることが、常識だったわけですからね。

しかし、トレーニング前に静的ストレッチをしてしまうと、筋力が低下してしまいます。

静的ストレッチをしてしまうと、筋肉が伸びてしまって、収縮する力が弱くなってしまうんです。

特に、ウェイトトレーニングでは筋肉の収縮によって重りを持ち上げます。

しかし、筋力が低下してしまうと、最大限のパフォーマンスができません。

それに、静的ストレッチには、可動域を広げる作用があります。

ところが、関節の可動域をあまり広げてしまうと、関節に負荷がかかりすぎて痛めてしまう可能性もあるのです。

ですので、僕のジムでは静的ストレッチではなく、ウォーミングアップを入念に行っています。

ウォーミングアップでは、これから使う筋肉を、まずは軽い重量や自分の体重を生かして、徐々に重りにならしていきます。

そうすることで、筋肉や関節が温められて、怪我の予防にもつながります。

あと、動的ストレッチ(ラジオ体操など)も体を温めるのでいいと思います。

一番わかりやすい例は、

陸上の短距離選手がスタート前に行っているウォーミングアップです。

もも上げをしながら前に進んだり、スタートダッシュしたりと、常に動きながらウォーミングアップして、体を温めていますよね。

あの場所で、静的ストレッチを行ってしまうと、筋肉が伸びてしまって、縮む力が弱くなってしまい、最高のパフォーマンスができなくなってしまいます。

もし、静的ストレッチをするなら、トレーニング後に行うのがいいです。

使った筋肉をしっかりストレッチすることで、翌日の疲れが軽減されたり、筋肉痛が軽減されたりします。

文京区白山にあるパーソナルジム 「for you」では、トレーニング後は全身のマッサージを行っています。

トレーニングで使った、筋肉や緊張した体をマッサージすることで、リラックス効果や筋肉の緩和、疲労物質のデトックスをうながしています。

何より、トレーニングで疲れきった、体にマッサージは最高に気持ちがいいですよ!

トレーニングで疲れきった体に、最高に気持ちがいいマッサーい受けてみませんか?